気まぐれ更新なカブ日記です。どうぞごゆるりと見ていってくださいな。


by oukasaiun-CUB
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日は毎度おなじみモーターヘッドサイクルショップの面々と

鍋谷峠with紀ノ川河川敷ダートラーメンツーリングに行ってきました。

MDに撮影機材一式、カセットコンロ、ヤカン、工具などなど満載して、

まずは集合場所の道の駅「いずみ山愛の里」にむかいました。

今回はリトルを譲った友人の「すー」や、

カフェカブで知り合ったマイミク、レオ=キースさん、

同じくマイミクのken_sunさんなど初面子もいっぱいで、

総勢11名11台のマスツーでした。

で まぁ 毎度ながら原付なので、集団のはるか後方を

待ってもらいつつじんわりついていきます。

走るのに精いっぱいで写真は全然撮れてないのですが、

鍋谷峠はとっても気持ちのいい道でした。

先頭集団は車の渋滞に巻き込まれたりしたようですが

私たちには無縁でした。

和歌山に抜けてからレオさんの110を全開で追っかけてみましたが

ぜんぜんだめでした。やっぱ速いですねー。

それから紀ノ川河川敷へ。

店長たちは河へつっこんでました。いやぁ すごいです。
b0242260_14453874.jpg


こんなスプラッシュなの初めて見ました。

それから河川敷でラーメンタイム。

MDに積んでいったコンロ・水でお湯を沸かして

みんなでカップめんタイム。私は和歌山ラーメンをチョイス。

激辛やシーフードなど様々にそれぞれおなかを満たしました。

それからは自由時間。急斜面を登ったり、波状路をぽんぽんしたり。

自分以外は集団で走っていたようですが、自分ははぐれてしまったので
b0242260_1452560.jpg


悠々自適に走っていました。リトルと比べて車重があるものの、

排気量72ccと4速ミッションにテレスコフロントサスの合わせ技で、

悪路でも悠々と走れます。

急斜面の真ん中でエンストした時は焦りましたが。

あとは積載物があるので、後ろ荷重が多くてリアサスがぽいんぽいんしました。

そーやって少し走ってると、河に出れるところが見つかって、

河じゃーとおもってすっ飛ばしてたら、いきなり砂浜のような砂地。

前輪が30度くらい傾きましたがなんとかこけずに済みました。

そこからすぐは石のごろごろした中州でした。

うぃんうぃんしながら中州を走ってるとモンスターに出くわしました。
b0242260_14524443.jpg

突進して2~3本折ってやりました。

そこから少し行くと水深が3~30cmくらいの浅瀬があって、

全力全開でつっきりったりしながらざばざば遊んでました。

途中でずぶぬれになってしまったので、開き直って写真を撮ってました。


ダウンマフラーなので水没しないか恐々ですが、

じゅうじゅういいながら普通に走れました。



それからみんなで集合して記念写真。こうやって見ると
b0242260_14473652.jpg

MDのライトは高いですね。


そのあとは広域農道を走って帰りました。

だいぶ待ってもらったようですが、最後は

以前の林道ツーの第二集合場所だったコンビニで解散しました。


林道と違って傾斜がないので、河川敷は走りやすかったです。
泥の乾いた波状路なんかは、ほとんど転倒も心配せず走れます。
水上走行は新鮮で楽しかったなぁ。
こんど ソロでもいってやろうかなぁ
[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2012-05-05 23:44 | カブ

MDに手を入れていく!

さっそくMDに手を入れていきます。

今日より1週間ほど前にマフラーをカブ90の純正に変更し、

音対策は完了しました。

今回のブログの本題はなんと「4速化」!

カブフリークならだれもが憧れる(?)カスタムを早速やっちゃいました。



事の始まりは3月25日 なにわ部品交換会。

某店長の出店補佐とおいしいものがないか探しに参加しました。

自分はかつてリトルにつけていた純正シートとモナカマフラーを販売、

交換会も半ばを過ぎたころ・・・

こいつに出会ったのです。
b0242260_134268.jpg


そう リトルカブ4速セル付 AA-01型エンジン。

それを値切り値切って・・・・19000円で購入!

これで4速化に王手がかかったのでした。




それでもって今日。

10時の開店時間にまた某店にやってきました。

作業の予定はこう
・MDエンジン降ろし
・MDジェネレータ移植
・リトルエンジン搭載
・MDから72ccシリンダー&ピストン移植

という  予定でした

MDのエンジンをはずし、ジェネレータコイルを取り出します。
b0242260_1123046.jpg


プレスカブDXなんかと同じもので、発電力があるので移植を計画しました。

が、

リトルカブセル付のエンジンにはあいませんでしたorz
b0242260_1131499.jpg

コイルの径は同じなのですが、固定ビスの本数が違いました。

セル付のコイルはカバー側なんですね。初めて知りました。

b0242260_1102131.jpg

グリップヒーター用のコイルがある枝の多いのがMDのものです



それからも作業を続け、店長にも手伝ってもらいつつちまちま進んで行って・・・

シリンダー移植にたどり着いたのですが・・・・


あれ?回らんぞ?

店長がフライホイールを上死点に合わせようとすると コツン といって何かに当たります。

調べた結果、ピストンがヘッドに当たっている。とのこと。

72ccでもリトルでもMDでもストロークは同じはず・・・

この時
72cc純正シリンダー + リトルカブヘッド

やっぱり燃焼室の違いか?ということで

72ccシリンダー + MDヘッド

MD50は6V時代の名残がまだのこっているヘッドを採用していますので

普通の12Vヘッドとらべても燃焼室の違いが分かります。
b0242260_1262344.jpg

写真はモーターヘッドのブログより

で、回してみるのですが・・・やはり干渉。

謎・・・
・なぜ同じストロークで干渉するのか?
・なぜ今までMDで普通に使えていたのか?

途方に暮れるような事態だったのですが、

店長がMDのエンジンと引き換えに山カブの純正90ヘッドをドナーしてくれました!
b0242260_1403351.jpg


これをつけると・・・

干渉が解消しました!

その後カプラーをキボシ化して接続し・・・

b0242260_1413038.jpg


エンジンをかけて試運転し完了!

実に10時間越えの大カスタム作業でした。

店長お世話になりました。いや 本当に感動のエンドでした。

4速化の検索で来られる方も多いと思うので、


4速化のみに必要になったパーツを詳細に書き上げると、
・4速エンジン
・ステップ(ジェネカバーが張り出していて3速カブのステップでは入らない)
・チェンジペダル(理由は上記同様。当方は張り出しのあるスポーツチェンジペダルに換装)
・カプラーのキボシ加工

だけかと。14インチ同士なので簡単なのかもしれないです。


で インプレとしては
・圧縮がUPしたので低速トルクが向上!
・4速とともに1・2・3速のギヤ比も変わったので乗りやすくなった!
・4速になって高速巡航に余裕ができた!

というのが3大インプレです。

すごく乗りやすくなりました。出足、巡航も安定して走ります。

ほどよく車にもついていけます。静かですし。

暖かくなってきたのでどこかツーリングに行きたいです!


以下は スプロケットの考察です 1つ目がMD純正、次にリトル4速、3つめが今のMDです。



MD50純正スプロケット比

1次減速比2次減速比1速2速3速4速
4.0582.9293.2721.8231.19
ドライブドリブンタイヤ周長
14411533
          
スーパーカブ50カスタム1s2s3s
500rpm1.22.13.3
1000rpm2.44.26.5
1500rpm3.56.49.8
2000rpm4.78.513
2500rpm5.910.616.3
3000rpm7.112.719.5
3500rpm8.314.922.8
4000rpm9.51726
4500rpm10.619.129.3
5000rpm11.821.232.5
5500rpm1323.435.8
6000rpm14.225.539
6500rpm15.427.642.3
7000rpm16.629.745.5
7500rpm17.731.848.8
8000rpm18.93452
8500rpm20.136.155.3
9000rpm21.338.258.5

リトルカブ4速純正スプロケット比


1次減速比2次減速比1速2速3速4速
4.0582.9293.1811.7051.1230.958
ドライブドリブンタイヤ周長
14411533
          
タイヤBRIDGESTONE ブリヂストン:G&L G511

スーパーカブ50カスタム1s2s3s4s
500rpm1.22.33.44
1000rpm2.44.56.98.1
1500rpm3.66.810.312.1
2000rpm4.99.113.816.2
2500rpm6.111.317.220.2
3000rpm7.313.620.724.2
3500rpm8.515.924.128.3
4000rpm9.718.227.632.3
4500rpm10.920.43136.4
5000rpm12.222.734.540.4
5500rpm13.42537.944.4
6000rpm14.627.241.448.5
6500rpm15.829.544.852.5
7000rpm1731.848.256.6
7500rpm18.23451.760.6
8000rpm19.536.355.164.6
8500rpm20.738.658.668.7
9000rpm21.940.96272.7

MD各ギヤと速度の回転数

1次減速比2次減速比1速2速3速4速
4.0582.5713.1811.7051.2380.958
ドライブドリブンタイヤ周長
14361532
          
MD1s2s3s4s
1500rpm4.27.710.713.8
2000rpm5.510.314.218.4
2500rpm6.912.917.823
3000rpm8.315.521.327.6
3500rpm9.718.124.932.2
4000rpm11.120.728.536.8
4500rpm12.523.23241.4
5000rpm13.825.835.646
5500rpm15.228.439.150.6
6000rpm16.63142.755.2
6500rpm1833.646.359.8
7000rpm19.436.249.864.4単位はkm/h
7500rpm20.838.753.469
8000rpm22.241.356.973.6
8500rpm23.543.960.578.2
9000rpm24.946.56482.8
[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2012-03-29 21:54 | カブ

MD50インプレッション

お待たせしておりました。3月1日にMDが納車されました。

それからのMDのインプレを書こうと思います。
b0242260_0162861.jpg


第一印象
第一印象とは言えないけど、町で乗ると町の視線が面白い。

郵便局員は100%振り返るし(笑)

取り回し
スタンドを上げて取り回した第一印象は「重いっ」でした。

何しろリトルよりも乾燥重量で20kg以上重いし、燃料を満載すれば、

軽く100kgを超えるので、かなり重く感じます。

とはいえ重心が低くハンドル位置が適正な事と、リアキャリアにあるグラブバーを掴めるので

取り回しは簡単。この重さも頑丈さと積載性の証明なんですよねー

足つき
身長177cmの私の場合、両足かかとベッタリで少々膝が曲がる程度。

シート高は決して高い訳でも無く、低すぎるという事でも無い。標準的な高さ。

リトルよりは地上高も着座位置も少し高い様子。

始動性
チョークレバーがレッグシールドの中なので使いにくいですが

始動性は良好。キャブヒーターもついてるので寒冷時も安心です。


エンジン

b0242260_0184967.jpg

形式はMD50Vなのですが、純正72ccシリンダーでボアアップしてあるので、

実際はMD70なのですが。ただマフラーの排気が悪いので、実際はもっといろいろいいはず

なのですが、まぁ 現状で書きます。

トルクはリトルに比べると、2次減速比と圧縮比の関係か、同じくらいに感じるが

加速力は若干上。ただ、いわゆるパワーバンドがリトルカブと比べて

1000rpmも幅が狭いので、シフトやアクセルワークはかなり慎重になる。

振動はほとんど変わらないけど吸気音は少し大きい感じ。

スースーいう音が何とか聞き取れる(マフラーの音量のせいもあるが)


ギヤレシオ
同じ3速の変速比だが、減速比の関係で位置取りがかなり変わる。

1速は、発進専門。かなりハイギヤードに減速比を設定しているので、

1速の役割は重要。といってもパワーバンドやマフラーの関係か

10km以上の加速はかなりしんどいようだ。ほんの数秒で2速へ移行する

2速は加速担当。2速で30km位までは加速する。原付登録と慣らし中というのもあって、

50km以上はまだ出していないが、加速はほぼ2速で占める。交差点に多用し、坂道でも活躍する。

3速は現状では完全に巡航ギヤ。30km巡航ではやや低回転すぎる感じになるが、40km巡航は

本当に心地よいカブらしい走りをしてくれる。60kmでどうなるかは今後検証


燃費
計測中(30km巡航)

車体回り
フレーム
カブシリーズで最も質実剛健といっていいしっかりしたつくりになっている。

なにしろ50ccでカブ110より重いのだから。聞くところによるとスーパーカブとは

鋼板の厚みとかいろいろ微妙に違うらしい。

サスペンション
b0242260_0192315.jpg

ボトムリンク式からテレスコピック式へ変更されたフロントフォーク。

側溝や巡航ではボトムリンクとさほど違いは感じないが、

駐輪場に入れる時の縁石越えをするときなどの大きな凸面にはかなり差がある

車体を突き上げる動きがかなり吸収されているのが感じられる。

つぎに、コーナリングの安定感がすごい。うまく言い表せないが、

接地感というのがすごくある。寝かせ気味に曲がってもすんなりと操縦が効く。

最後にブレーキフィーリングが違う。スーパーカブの場合

前ブレーキだけで止まると前が浮き上がり、後ろだけで止まると前にのめるのを

バランスよくかけることで平行に止まったが、

MDだと少し前傾する形で止まる。荷重移動が感じられ、重いながらも何とか制動する。

前が強すぎると停止後に突き上げが来るが、カブの前浮きに比べてかなり安心感がある。

ブレーキ
正直言って非力。カブ90かプレスカブのブレーキに換装したいのだが、シャフト径が違うらしい・・・


シート
b0242260_020324.jpg

極厚。リトルの倍くらいある厚みのシートは長距離でもお尻が痛くならない。


積載性
これについてはいうまでもなく最強。同じボックスをつけているのでリアキャリアの容量はリトルと

同じだが、広いキャリアは特別な作りと固定方法で、リトルの時のステーは全く役に立たず、

全部新品に変えた。またこのキャリアにはグラブバーがついていて取り回しに一役買っている。
b0242260_0203491.jpg


つぎにフロントキャリア。MDの象徴ともいえるキャリアはかなり頑丈。

幼児座席をつけられそうな太いパイプでできている。自分はカメラバッグをかけたりしている。

思ったより揺れも振動も来ないようで、コンビニ帰りにキャリア上部のフックに袋をかけるのも便利。
b0242260_0205050.jpg



操作,電装系
ハンドリング
リトルと同じ14インチ。駐輪場や狭路での取り回しは普通のカブより有利。

トレールが少し多いので14インチの割には直進性は良好。

ただキャリアやエンドウェイトと自分でつけた便利グッズ(笑)によって

ハンドルはかなり重い。とはいえ、運転には支障にならないレベル。
b0242260_0211145.jpg



ポジション
至って自然な直立の姿勢。リトルに比べて足元のレッグシールドが大きいので、

やや足元は狭く感じるが、走行風はリトルより軽減されているように感じる。

地上高とシート高が高くなったので、リトルより自然な体制で乗れるようになった。

メーター,スイッチ
60kmまでの普通のメーター。CLシリーズと共通なのかな? ヘッドライトと一体になっていて

中はきっと普通のカブよりカオス。スイッチは右ウインカーなのは同じだが、

前後スライドではなく左右。これはなかなか慣れがいる感じがする。

ライト類
砲弾型のウインカーとカブ90系のブレーキランプに一体型のヘッドライト。

ライトはネジを緩めて角度を変えることができるので、光軸調整は容易。

ただHiとLoの角度がかなり差がないので、若干高めに調整した。

フインカーは普通のカブよりゆっくりした点滅で、ブザーから「かっちんかっちん」と音がする。



今後改善が必要なもの(改造予定)
1マフラー
b0242260_0214923.jpg

「カブたるもの時間を問わず、場所を問わずその地に溶け込んで走れる静粛性を持つべし」

モナカマフラーを移植したのだが、抜けが悪いうえに爆音。

郵便局から苦情が来ないうちに90か100の純正に変更予定

2キャブレター
50のままのキャブレター。ジェットを上げてかなり濃くなっているので

90あたりの純正に変更したい。


ここからは単なる欲
3ハイカム
エンジンがリトルより高回転型なので、ハイカムを入れて高回転側を少し伸ばしてやりたい

4 88ccボアアップorハイコンプピストン
実はMDのヘッドは6V時代の設計のようで、リトルの燃焼室容量が5.16に対して

8.19の容積のため、72ccの時点で圧縮比が8台になっている。

トルクと燃費のためにも、社外製88cc圧縮11.3くらいのキットで9-10くらいの圧縮比にしたい

5 4速化
低排気量・低燃費・低騒音でいて、かつ60km巡航が安定してできる。というのが自分の機関カスタムの

目標ですので、4速はぜひともほしい。カブ100EXのエンジン移植か4速50ccの腰下に移植するか

全バラして組み付けるか・・・




いろいろ書きましたが、はっきり言って「原付ツアラー」にはもってこいです。

これからもっと「え?なにあの郵便屋」ってな感じで、

「ノーマルルックで遅くない旅バイク」を目指していきます!

モーターヘッド様はじめ皆さんのアドバイスよろしくお願いします。
[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2012-03-08 00:24 | カブ
mixiではちくちくつぶやきをしていたり、

リアで知り合いの方はそろそろご存知かと思いますが、

このたび リトルカブから郵政カブMD50に乗り換えることとなりました。

そしていつものモーターヘッドサイクルショップにて納車整備時に

MD70純正シリンダー&ピストンでボアアップをしてもらってます。



さて、そんなMDさんですが、「郵政カブ」としての現役時代を含めた

いままでの経歴が明らかになりました。

正式名称は スーパーカブデリバリーMD50-V
b0242260_058995.jpg


車種としての年式は平成9年式。

心臓部たるMD50Eエンジンは2100847のロットです。

コーションシールには97.11と書かれています。

そんなMDが現役として「郵政カブ」となった日は

残念ながら特定に至っていませんが、

MD最後の職場として働いた山口県 真長田局。

そこに配備され活躍し始めたのが平成19年10月1日。

このころの車体番号はMD50-2100848。

ここでは「5号車」として活躍したようで、サイドカバーに
b0242260_0583143.jpg

かつての活躍の証として残っています。

郵政カブはだいたい5年でその役目を終え、

ほとんどが海外へ売り払われ、ごくわずかな幸運な車両が

物好きなバイク屋に払い下げされます。このMDもその役目を終え、

運よく払い下げされてやってきたのが山口県光市の福中二輪商会。

そしてここから一般ユーザーの手にわたるのが平成23年3月21日。

平成9年11月製造→19年10月配備→23年3月市販というのが

今わかっている数字だが、長くても14年の現役時代がこの日終わり、

この日からオーナーの住む広島県広島市でMDの「一般車」としての生涯が始まる。

単車好きのオーナーに大切にしてもらっていたようで、

スプロケットの交換や、フォグランプ(稼働していたかは不明)など

色々手を加えられていたようです。

しかし、そのオーナーも多忙なのか状況が変わったのか、

MDと別れを告げることになり、MDは再び業者オークションへ。

そして平成24年-01-21。モーターヘッドサイクルショップにやってきた。

翌22日。私と対面を果たすことになり。30日に私に売約されて今に至る。

ここからの記録を作っていくのが楽しみでたまらないです

憧れの郵政カブというのももちろん。自費で買う初めてのバイクだというのももちろん

こういう歴史のあるやつだとなおなお愛着がわいて納車が待ち遠しいです
[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2012-02-17 01:17
2011年12月11日の動画なのですが、やっとできました。

いつもお世話になっている モーターヘッドサイクルショップの常連メンバーで、

林道ツーリングへいってきました。

排気量50~125と差があったので、かなりおいて行かれましたが、

ちょくちょく待ってもらいつつ何とか行ってきました。

何より登坂がきつい。やっぱり排気量いるなぁと思いました。

動画に出てくる店長の山カブは90ccなのですが、

全然走りが違います。かなり軽快に走ってました。

ブロックタイヤ勢は滑りにくくてよさげなのもありました。

それから車高が低いこととタイヤ径が小さいことは

悪路ではかなり不利でした。

かまぼこ状の起伏や、がれ場の衝撃で底をすりますし、

なにより段差ですごい衝撃を受けます。

カブのボトムリンクサスペンションは素直に突き上げが来るので、

ハンドルが大暴れして大変でした。


とはいえ。

50でもしっかり上ります。かなりの登坂でしたが、

1速なら力強く上ります。レッグシールドで水たまりも余裕。

下りなら良好な操縦性と、低重心のバランスの良さ、

エンジンが真ん中にあることからくるジャイロ効果

なによりべたべたと足のつくような脚付きの良さで

125ccのバイクにも余裕で追従できます。

なれればかなり軽快に走れました。

林道は景色もいいですし、すごく気持ちよかったし

何より 超アドベンチャー&超エキサイティング

みなさんも一度いってみてはどうでしょう?

前編


後編

[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2012-01-12 16:24 | カブ