気まぐれ更新なカブ日記です。どうぞごゆるりと見ていってくださいな。


by oukasaiun-CUB
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

現在のMDについて

ブログを再開するにあたって
まずはカブのことを改めて紹介したいと思います。
見ての通りの郵政カブで、元の型番はMD50-Vです。
生産~納車までの経緯は過去の記事がありますので
そちらを参照願いますとして

次期相棒MD50とそのヒストリー
http://cublogger.exblog.jp/17816602/

それからもアイリスオーヤマの
ベランダボックス(型番KB-540容量74L)を積んだり
モナカマフラーをつけたりカブ90純正マフラーに戻したり。
エンジンに至っては今までに
MD50純正→MD70準拠(MD70純正シリンダーボアアップ)
→AA01型4速72ccボアアップに載せ替え
→6Vカブ90純正載せ替え
→AA01ボアストロークアップエンジン載せ替え105cc4速
てな感じで、とてつもない変遷を遂げているのであります。

で、現在のMDなんですが、

b0242260_8423320.jpg

(現在のMD 無負荷ではスタンドが立たないため木切れを常備。
リアボックスは最大伸長時)
こんな感じで普通の人が見たらまんま郵便屋ですが、
静かで、積めて、そこそこ走る
とってもいいツアラーカブになっております。

b0242260_8424016.jpg

とりあえず手を加えている部分を紹介することにしましょう。

まずうちのカブ一番の特徴として、
前後17インチのタイヤを装備していることでしょう。
これによって悪路に強く、ロングも楽に走れるようになりました。

次にエンジン。ボア52mmストローク49.5mmで、純正カブでいえば
CT110と数字上は同じになります。しかしCT110の圧縮比8.5に対して
今のMDエンジンは12の圧縮があるため、まったく特性の違うエンジンです。
圧縮比と定番のPC20キャブレターが相まって、50km/Lの燃費もウリ。
それからもう一つうちのカブの見えない特徴として、LEDの灯火類と

全波整流全直流可変電源式電源

と名付けたちょっと複雑な電装があります。
b0242260_8425338.jpg

カブの電装カスタムとして有名?な全波整流。
半波整流と全波整流については長くなるので
聞きたい人がいればコメントで。
また記事に書きます。

さておき、これをすることで
単純に使える電気量を倍にしたり直流化でHIDを組んだりして
ライトを明るくできるというのが基本的な全波整流のメリット。
とはいえその大半は、すべての発電(ライティング+チャージコイル)を
整流し、バッテリーに充電。すべての灯火をバッテリーから取るというもので、
常時点灯のカブだとヘッドライト・リアポジション・メーター灯火で
常に40W程度消費しっぱなしになり、
ほかの電装(シガソケなど)に余裕がなくなり、
発電の少ないアイドリング状態などが続くとバッテリー上がりを起こす。
そうならないため、灯火をすべてLED化。切り替えスイッチで
バッテリと発電機のどちらから電源を取るか可変にし、
必要に応じて使い分けられるようにしてあります。
b0242260_842475.jpg

そのほかこまごましたものはたくさんあるんですが、
超長くなりそうなので画像でどうぞ(笑)
アーシングは割と有名なお手軽チューニングらしいですね。
MDはボディアースなのでアーシングをすると
とても効果がありましたが、個体差があるようです。
アーシングには様々な種類があって、
ブログ見てると意味のないところにアースしてる人もたくさん・・・

とまぁこんな感じであります。
以下は諸元表チックな書き方で記そうと思うので、
ご参考になればどうぞ。

車名および形式:ホンダMD50-V
車重:約100kg
原動機:AA01改 排気量105cc アイドリング1500rpm
キャブレター:ケーヒンPC20
タイヤ:ミシュランM45 2.25-17 気圧前20後25
内径x行程:52mmx49.5mm 圧縮比12.0 
最大出力:推定8PS以上/8000rpm
潤滑:ウルトラG4 0.7L  
燃費:45-57km/L
プラグ熱価:7番

使用社外部品
タケガワ
Sステージボアアップキット105cc
強化オイルポンプ
強化遠心クラッチ

ジュンインターナショナル
PC20キット

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2014-03-27 09:38 | カブ
えーと。大変ご無沙汰しております。

というかそもそも今見てる人いるのかな?

という状態で1年近く放置しておりましたが、

このたびブログ復帰することに決定いたしまして

告知申し上げます。

ちょこちょことブログの設定見直しあたりから取り掛かりますので、

ちょっとの間はスキンやらなんやらがころころ変わるかもしれませんが

ご了承お願いいたします。
b0242260_6321097.jpg

[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2014-03-27 06:32
sHIROヵブログのブロガーでマイミクのひろさんとカフェカブの終盤に。

「実は明日も休みなんですよねー」「ぉ? 自分もですよ???」みたいなノリになって、

ツーリングいっちゃうかぁー?→GO! というわけで青山高原にツーリング行ってきました。

堺から宇多路室生の道の駅に集合。兵庫県警な白110と郵便屋のツーリング開始!

まずは165号線沿いにあるバイク屋さんemptyへ。

ここは名張市の郵政カブの保守店で、たまにふらっと寄せてもらうところで(だけで購入歴なし ゴメンナサイ)

松田技研の郵政ボックスが業販されていないかと問い合わせに。

容量168Lと幅の大きいボックスは三脚も寝かせてしまえるのでいまだ魅力的なのですが

どうやら取引はないらしい。それと塗装のことについてもお話ししました。

塗るなら阪急マルーン・アイボリーあたりのカラーで・・・とか考えているわけなのですが

箱代考えたら塗装のほうがいいのかもなぁ。保守店さんは組み付けとかも頼りになるし

塗装の時はお願いしよう。 てな感じで40分くらい滞在。

その後リバーナ(名張→ナバリ→逆転してリバーナ)という愛称で親しまれるイオンで

食糧のマルタイラーメンや水などを確保していざ青山へ。

この日は風が強くって雲行きもだいぶ怪しくて、涼しいけど少し不安でしたが、

雨に降られることなく到着。風車がぶゎぅんぶゎぅんいって回ってました(笑)
b0242260_0541388.jpg

そんでもってラーメンタイム♪

自分はふつうにカセットコンロとやかんのいつも通りのセットですが、

ひろ先輩はちゃんとしたアウトドア用。んーやっぱカッコイイ! 欲しい!
b0242260_0543239.jpg


大型の鍋や大量の給湯には強いけど、風に弱いし何より様にならないしね(笑)

ラーメンの後は一緒に買っていった一杯だてドリップコーヒーでカフェブレイク♪

そしてそして撮影大会。この日はペンタックスSPにフジカラー100と

ソニーHX30V ひろさんはニコン1V1。

フィルムはやっぱいいわー。
b0242260_0551557.jpg

b0242260_0552663.jpg


タクマーの28 50 135と持って行って撮っていたのですが、ネガを見ると

135で撮ったところだけネガが透明!? テストしても動作に異状なしなんだけど

どうしてだろう?ひろさんは単焦点2本で上下左右あらゆる角度から撮ってました。

やっぱ写真は機材より撮る人のセンスですねー。

あとから写真をいただきましたがやっはりいい写真がいっぱい。

カメラ談義も大いに盛り上がり、EOS-Mがほしくなりほしくなり・・・

そのあとはひろかぶ110にのせてもらいました。

後ろからついていくとうちの郵政が速い・・・

乗り手が致命的に遅いので車両はあんまり関係ないのですね。

駐車場で県警カブと郵政カブがぐるぐる走るなんともシュールな時間でした。

110はやっぱりよくできてるなーと思います。

ステップぎりぎりまで寝かせても、大きく切り込んでも安定してるし、

Fiはスロットルにすごくリニアに反応する上に余裕のある走り。音も静かだし。

そしてカスタムされてついている風防もあのサイズで意外と効果あり。

YSSのリアサスもいい感じの固さで、ツーリングが楽な仕様に仕上がってます。

カブってやっぱりよくできてると二人とも実感して、設計思想やらタイプの話やら

コアでマニアックな話をして「やっぱええなぁー」って語りあえるバイクなんて

なかなかないですね。


またツーリング行きましょー!

おまけ
即席でつくってみた。
b0242260_0553797.jpg

[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2013-06-11 00:02 | カブ

カフェカブ京都2013

さてさて毎年恒例のカフェカブ京都にいってまいりました。

今回はすえっちとマイミクのnaokiさんと途中遭遇のひろさんと参加してきました。

今年は400台を超える大大イベントでした。

会場に入るとまずはこれでしょう。
b0242260_1225741.jpg


CC110とその市販用カスタムモデルが壇上にどどーんと。

またがることができたのでちょこっと乗ってみたのですが、

着座位置というか地上高が高いからか、結構高いなって感じでした。

ハンドルも位置が高くアップ形状なので、自分が今まで乗った中では

CD125Tが一番近かったかな?純正なので、完成度は抜群ですが

気になるお値段は相当高くなりそう・・・

それから見に行ったのがカブ耐のレース車両展示。

憧れと伝説のカブ丸号にチルノカブ。
b0242260_1231279.jpg

b0242260_1232382.jpg


そういえばカブ丸号は人気投票にも入賞してました。

公道を離れて仕事するカブ(笑)はどれも半端じゃない・・・

レギュレーション適応のための措置や各強化パーツ

水冷みたいなオイルクーラーやら軽量化やら・・・

まぁ自分はカブはツアラー志向なので真似はしないですが、

過酷なレースで使えるカブのエッセンスは町での耐久性に

一定のアイデアをもたらすでしょう(多分)と思ってみてました。

そしてキタコさんが持ってきた初お披露目のCC110キタココンセプトモデル
b0242260_1233950.jpg

b0242260_1235714.jpg


エイプの足回りに、専用のリアキャリア・ベトキャリ・フェンダーレスキット

5cmロングスイングアーム、二眼メーター、ハンドル、チタンモナカマフラー

などなど装備したプロカスタム。CC110に比べてカブらしい着座高で

太いタイヤは安定感があり、二眼メーターも見やすいし手前のバーには

いろいろ装備ができそう。ただ、キタコさんは「リトルカブ的な・・・」といってましたが、

やんちゃ管くっつけてヤンキーが乗り回そう・・・。

さて、そのた一般車両もたっくさんあったのですが、

個人的ベスト5だけ掲載します。

5位:兵庫県警風110
b0242260_1241751.jpg

兵庫県警のカブは真っ白なんですよねー。

兵庫県 民 としたうえでパトロールのステッカーと

コスプレ用品みたいなヘルメットがネタ性抜群で5位入賞。

4位:US ARMY C50
b0242260_1243487.jpg

カブってどうしてこうミリタリーなペイントが効くんでしょう?

オーナーによると廃車から作り上げたそうな。

一般投票でも入賞してましたが、だれが見ても

新車のような仕上がりです。

3位:チョッパーカブたち。
b0242260_1245277.jpg

往路の途中でコンビニ遭遇したチョッパーたち。

むき出しのフライホイール、ローロングな車体、サドルシートにロボットハンドル。

中には右手でクラッチを切り、左手でジョッキーシフトなんて猛者も・・・

オーナーたちの「乗りにくいものを乗りこなす」という男気が3位でごさいます。

2位:KULASSE Vintage CUB
b0242260_1251511.jpg

機関系まで美しい艶消しブラックで統一されたカブ。

フレームからは燃料タンクが取り外され、メットインになっており、

メインパイプ上に据えられた円筒形のタンクは

どこか蒸気機関車を髣髴とさせる気品ある物に。

そのた細かいデザインのペイントやキックペダルに自転車ペダルなど

好機で上品なビンテージカスタムが2位

そんで第1位が

一位:リトルカブオフローダー
b0242260_1253870.jpg

今日見た中で「これで走ってみたい!」と思う第一位がこれでした。

正面からのルックス間セローやその類のオフ車そのもの。

大型フェンダーにストロークの長そうなフロントサス、

ブロックタイヤにMTの110CCエンジンを搭載でマフラーはヨシムラ。

やはりバイクってのは、乗りたい!これで走りたい!って思えるものがいいですね。

ということで個人的ランキングでした。

そうそう、身内ではレオ=キース氏が5位入賞を果たしましたよ!おめでとうございます。
b0242260_126158.jpg

そんで恒例のステージ前で1枚。
b0242260_1261893.jpg


右からひろさん110、自分の郵政、すえっちのCD50、naokiさんのリトル。

いろんなカブといろんな人と会って話をしたけど、

ここまで密接に関係を持てるバイクってなかなかないと思うなぁ。

1台として同じものはないし、それぞれがそれぞれのオーナーと

苦楽を共にしてる感じがする。

やっぱりカブっていいなぁ~
[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2013-06-10 01:26 | カブ

カブ動画投稿!

皆さんご無沙汰しております。

ロンツー2作品を動画投稿しました。

一つ目は自分がリトルカブ時代の名張から青山高原へのツーリング

2つ目は去年の夏の潮岬までの50ccツーリングの動画です。

どっちも面白い出来になってると思います(出演陣がそもそもネタなので。)

ぜひ 暇な時間にどうぞ



[PR]
# by oukasaiun-CUB | 2013-06-01 23:38 | カブ